Google AdSenseの管理画面が新しくなったので、ちょっとだけいじってみた

広告イメージ

こんばんは。ひろあきです。今日、Google AdSenseを開いてみたら、管理画面が新しくなっていたので、ちょっとだけいじってみました。先にお断りしておきますが、Google AdSenseの管理画面のスクショは貼るとGoogle先生にものすごく怒られるみたいなので貼れませんのでご了承ください。

ホーム画面をカスタマイズしてみた

青を基調としたデザインになり、個人的な印象ですが以前よりもぐっと見やすくなりました。このホーム画面に各種データがカード形式で表示されています。このカードは動かすことや非表示にすることもできます。以下、自分が表示しているカードをご紹介します。

見積もり収益・残高

これの2つのカードだけは固定で、ホーム画面の一番上に表示されています。見積もり収益は当日・前日・過去7日間・当月の収益が表示されています。以前のアドセンス管理画面では、当月ではなく過去28日間の収益が表示されていましたが、正直使いにくかった印象があったので、今回の変更は歓迎すべきものですね。ちなみに右上の丸3つの所をクリックすると、メニューが開いてレポートの画面を開くことができます。

残高は文字通りまだ振り込まれていない収益がいくらあるかというのを表示しているもので、これは以前と同じです。これも右上の丸3つの所をクリックすると、メニューが開いてお支払ページを表示することができます。

サイト(表)

このカードには各サイト毎の見積もり収益額とページビュー数、クリック数が表示されます。自分がアドセンスを貼り付けているホームページは3つしかないので、3つしか表示されていませんが、おそらく上位5つまでは表示されるはずです。

このカードを確認することで、どのサイトが収益に貢献しているのかが一目瞭然となります。なので、自分はこのカードを一番先頭に持ってきました。

広告ユニット(表)

このカードには各広告ユニット毎の見積もり収益額と表示回数、クリック数が表示されます。これも上位5つまで表示されます。ちなみに広告ユニット名が長いと途中で切れてしまいますが、カーソルをその上に合わせると、ちゃんと広告ユニット名がポップアップ表示されます。

このカードは特に重要で、サイトのどの位置に貼った広告が収益を上げているのか、また上げていないのかということを明確にすることで、広告位置の改善等を行なうことができます。なので、2番目に持ってきました。

掲載結果

このカードにはページビュー、ページRPM、表示回数、クリック数、CPC、ページCTRの6項目が表示されます。正直、ページRPMとかCPCとかページCTRなんて未だに何の項目かさっぱりわかりません。ではなぜこのカードを3番目に持ってきたかと、アドセンスがいたずらでクリックされたりすると、ここの数値が異常値になるのですぐわかるということを昔聞いたことがあるからです。

プラットフォーム

このカードにはデスクトップ、ハイエンドモバイル端末、タブレットの各プラットフォーム毎の収益が表示されます。これをチェックすることでどのプラットフォームからの収益が多いかを知ることができます。これを4番目にしています。

その他のカード

その他にも広告ユニットやサイトの棒グラフや折れ線グラフ、国毎の収益の表示、入札方法といったカードもあるのですが、自分はそれらを非表示にしています。まあ、これはあくまでも自分の場合はということなので、必要だと思われる方は表示にすればいいでしょう。

まとめ

実はホーム画面以外も一通り見てみたのですが、そこら辺はあまり変わってないかなという感じでした。あ、自分のサイトを登録する画面が設定メニューの中にあるのですが、そこは以前よりもすっきりした印象を持ちました。

で、今回せっかくGoogle AdSenseの管理画面を開いたので、このブログにようやく広告を貼りました。自分が使っているWordPressのテーマ『Simplicity2』は広告を貼るのも簡単で驚いています。はてなブログでの広告を貼る大変さは何だったんだろう…。

そんな訳で今回はこの辺で。それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク