メルカリの出品で良い評価を得、稼ぐための9つの心得

タイトル画像

こんばんは。ひろあきです。前のブログでメルカリを始めましたという記事を書いたのですが、その後どうなったかを書いていなかったので、ここで書いてみることにしました。

結論から言うと、約2ヶ月半の間に37,880円分の売上を計上し、34,120円の販売利益を得ることができました。そこから商品原価や配送料、包装資材代を差し引いた純利益は17,460円となりました。

また、メルカリの評価には良い、普通、悪いと3段階あるのですが、今のところ全て良い評価を頂いております。

全くの素人が短期間にこれだけメルカリで稼ぐことができ、また高評価を得ることができたのは、これから挙げる9つの心得を守ってきたからです。それらがこれからメルカリで物を売ろうと考えている方の道しるべになれば幸いです。

プロフィールはしっかりと書く

お客さんの立場になって考えればわかることですが、プロフィールに何も書かれていない出品者には不安感を抱くものです。プロフィール欄はしっかりと記入しましょう。

どんなことを書けばいいのかというと、あいさつや購入する際の注意事項(値引き交渉の可否、取り置きの可否)などを記入しましょう。わからなければ、他の出品者の方のプロフィールなどを参考にしてもいいでしょう。

細かい所ですが、アイコンもしっかり設定しましょう。

値引き交渉はしない

値引き交渉を受けるか否かということですが、自分は原則値引き交渉は受けないようにしています。値引き交渉を受ける旨を書いてしまうと、値引き交渉に煩わされることになってしまう恐れがあるからです。

ですので、自分の場合はプロフィールにも商品説明文にも値引き交渉は受けない旨と値引き交渉のコメントには回答しない旨を明記しておきました。これを書いておけば、まず値引きを求められることはありません。

もちろんそう書いておいて、実際には値引き交渉を受けるというのは全然OKです。自分の場合もまとめて買ってくれる方に対して、値引きをしたことは何度もあります。

価格設定は低めに

価格の設定ですが、自分が出品するものと同じものが出品されていれば、それと同じかそれより気持ち低めの値段に設定することをおすすめします。

メルカリでは日々新しい商品が出品され、古い商品には注目が集まりにくくなるので、早めに売るということが重要になってきます。そんな中、高い値段をつけてしまうと売れ残りのリスクが高まりますので、低めの値段で早めに売り切ってしまうことを心がけましょう。

説明文のテンプレートを作っておく

出品するたびにいちいち説明文を一から書くのは、大変面倒です。かといって、説明文をほとんど書かないのも、お客さんに対して不親切ですし、売れ残りやトラブルの元となります。

そこで、ある程度どの商品にも使える説明文のテンプレートをあらかじめ作っておき、後は商品名などを入れ替えるだけですぐに使えるようにしておくことを強くおすすめします。

この方法は自分のように商品のジャンルを絞って出品する場合に特に有効です。

旬のものを出す

これは今回の心得の中である意味一番大事なことかもしれません。どういうことかというと、お客さんが欲しいと思うものを、欲しいと思う時期にピンポイントで出すということです。

自分の具体例を挙げると、自分はライジングサンロックフェスティバルの缶バッジを出品しているのですが、売上の約85%はライジングサンロックフェスティバルのあった直後の8月に集中しています。

その時期はまだライジングサンロックフェスティバルが注目されていて、お客さんが好きなアーティストの缶バッジを欲しいという気持ちが強かったからこそ、これだけの売上があったということなのでしょう。

家の不用品処分にメルカリを使うという方にとっては、あまり関係のない項目かもしれませんが、このことを頭の片隅に入れておくと売上が変わってくるかもしれません。

発送までの日数は2~3日

メルカリでは商品ごとに発送までの日数を「1~2日」「2~3日」「4~7日」の3つの中から設定することができますが、自分は「2~3日」をおすすめします。

理由は2つあって、1つは「1~2日」を選んでしまうと、何かトラブルがあった時にお客さんへの発送が「1~2日」ではできなくなってしまい、悪い評価をつけられる可能性があります。逆に「4~7日」だとお客さんの立場に立つと遅えよとなってしまい、購入されないリスクが高まります。

もう1つは「2~3日」を選んでおいても、購入された当日または翌日に発送すれば、それがお客さんからしてみれば迅速な対応という好印象につながることが挙げられます。早く発送する分には問題はないのですからね。

メルカリの独自ルールを知っておく

メルカリには「取り置き」という独自ルールがあります。要は後で買うから取っておいてねということですが、実はこれはメルカリの運営サイドでは認めていないのです。かといって、メルカリの規約に違反しているわけではないので、公然と行われています。

トラブル防止のためにはこの「取り置き」をしない旨をプロフィール欄や商品説明文で明記するのも一つの手です。また「取り置き」を受ける場合は横取りされないように○○様専用表記をしたり、値段を変えたりしましょう。あとはプロフィールなどで横取りされても責任は負えない旨を明記しておくといいでしょう。

コミュニケーションを密にする

商品が購入されたら、お客さんにまずはお礼のメッセージを送りましょう。その中でいつ頃商品を発送するのかを伝えるといいでしょう。

次は商品発送直後に、商品発送のメッセージを送ります。その中では商品がいつ頃お客さんのもとに到着するかを伝えましょう。

これらのメッセージは別に義務ではないのですが、これをするだけでお客さんに安心感を与えることができますので、是非実践しましょう。もちろん、それ以外にもお客さんからのメッセージには迅速に対応しましょう。

発送は丁寧かつ迅速に

発送はできる限り、購入された翌日にはしましょう。事前に販売するものを発送する際の包装資材を用意しておくと、スムーズに発送することができます。

自分の場合ですと、販売していたものが缶バッジだったので、ダイソーで3袋入のエアクッション付封筒を買っておいて、注文が入ったらすぐに発送できるようにしておきました。

自分が缶バッジを買った時には、普通の封筒で送られてきたこともありましたが、輸送時の商品破損リスクを考えると割高にはなりますが、エアクッション付封筒で送る方が安心ですね。これくらい丁寧にしてると悪い評価はまず付かないです。

まとめ

以上、自分が実践してきた9つの心得でした。別に特別難しいことはなかったですよね。まあ、5番目の「旬のものを出す」はちょっと難しいかもしれないですね。でも、そこはあまり深く考えずにまずはやってみるという姿勢の方が大事です。

ここまで読んで、メルカリをやってみたいという方は早速AppStoreやGoogle Playでアプリをインストールしましょう。で、この招待コードEPEKETを入力していただけると、あなたと自分にそれぞれ300円分のポイントがプレゼントされます。

実は前回の記事にもこの招待コードを載せた所、この招待コードでメルカリを始めてくれた方がいらっしゃいました!この場を借りて、お礼申し上げます。

最後に自分の出品リストを貼りますので、良かったら参考にして下さい&買って下さい笑
https://www.mercari.com/jp/u/775294812/

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク