【32日目】ウィザードリィスキーマ中盤の攻略法をまとめたよ

こんばんは。ひろあきです。相変わらず『ウィザードリィスキーマ』にどっぷりハマっています。今はメインのストーリーが終わって、難易度の高そうなサブストーリー「蒼の洞窟」に備えてひたすら転職とレベルアップを繰り返しています。

今回は約1ヶ月『ウィザードリィスキーマ』をプレイしてきて、体得した?中盤の攻略法をまとめてみました。因みに序盤の攻略法はこちら。

【12日目】ウィザードリィスキーマ序盤の攻略法をまとめたよ
こんばんは。ひろあきです。相変わらず、スマホのゲーム『ウィザードリィスキーマ』にどっぷりハマっています。まだ始めて12日目ですが、これまでの...

とにかくHPを上げよう

冒頭に書きましたが、今はひたすらキャラクターの転職とレベルアップを繰り返しています。このゲームでは中盤ともなると1万を超えるHPを持つ敵も出現し、こちらが受けるダメージも3桁とかが普通になってきます。

正直ストーリーの第7章までは、特にHPを増やす努力をしなくても、さくさく進んでいきますが、第8章の「邪教徒の祭壇」に出てくるボスモンスター「ヒスアンホリネス」には勝てずサクッと全滅してしまいます。

冒険ログを見ると、敗因はこちらのHPが足りないことだということがわかるので、この段階からでもHPを上げることに取り掛かりましょう。

で、HPを上げるにはどうするかというと、ひたすら転職とレベルアップを繰り返していくことです。このゲームでは転職すると、能力値は半分に減ってしまいますが、HPはそのまま引き継ぐことができます。このシステムを利用して、ある程度レベルが上ったら、他の職業に転職してHPを上昇させ、またある程度レベルが上ったら、他の職業に転職するというサイクルを繰り返していきます。

では、大体どのくらいのレベルまであげればいいのかというと、自分の場合はレベル40まで上げてから転職するようにしています。理由としてはレベル40まで上げると、その職業のスキルを全て覚えることができることと、能力値が半分になる影響を最小限に抑えられると考えられるからです。

ちなみに自分は無課金で作ったキャラクターをHP3000台まで成長させることができました。ただスカウトしたキャラクターを見てると、HP数万とかが当たり前なので道のりはまだまだ険しそうです。

性格はローフルかカオスで

さて、キャラクターを転職させようとして、転職可能な職業を見ると非常に選択肢が少ない場合があります。そのひとつが転職させようとするキャラクターの性格がニュートラルの場合です。実際ローフルやカオスのキャラクターと比べるとなれない職業が多すぎます。以下、各性格毎のなれない職業です。

  • ローフル…シーフ、バーサーカー、ニンジャ
  • ニュートラル…ロード、プリースト、モンク、ビショップ、シャーマン、サモナー、ニンジャ
  • カオス…サムライ

ニュートラルだと、プリースト系の職業は全滅です。そんな訳で、よほどのことがない限り、作成するキャラクターの性格はローフルかカオスにしましょう。ちなみに同じパーティ内にローフルとカオスのキャラクターは混在可能です。

今更そんなこと言われてもという方もいらっしゃるかと思いますが、一日5枚配布される「SPダンジョンチケット」を1枚消費すれば、特殊なダンジョンに入ることで性格を変えることができるようです。ようですと書いたのは、自分はこのダンジョンに入ったことがないからです。

村の発展も忘れずに

さて、順調にクエストもこなしているのにいつまでたってもロードやサムライ、ニンジャに転職するという選択肢が出てこないという方はいませんか?そういう方は村の発展をおろそかにしているのかもしれません。

特定の村の施設のレベルを上げないと、上級職になることができません。ファイター系はマイティマッスル、メイジ系はマーリンズカフェ、プリースト系はクォパティ寺院、シーフ系はレイブンズネストのレベルを上げましょう。そうすると、各職業のギルドを建設するという選択肢が表示されるようになります。

自分もこれがわからなくて、いつまでたっても上級職になれないなぁと思っていました。ちなみに施設のレベル上げに必要な建築素材は、時間限定のSPダンジョン「ゴースト・カーニバル」で入手できます。

魔法攻撃や呪文の方が強力

冒険ログを見ているとわかることですが、中盤あたりでの戦闘では、剣などの物理攻撃よりも杖を使った魔法攻撃や呪文による攻撃の方が圧倒的に効果があります。自分の冒険ログでは物理攻撃のダメージがせいぜい200~300位なのに対して、杖での魔法攻撃や呪文のダメージは1,200とか軽くあります。

しかも、魔法攻撃や呪文は距離に左右されることもなく、暗闇といった物理攻撃ならば影響する状態異常にも左右されません。

まあ、さすがにファイター系のキャラクターに杖装備可能のスキルを身に着けさせて、魔法攻撃が可能な杖を装備させたり、パーティ全員をメイジ系・プリースト系にする気にはなりませんが、戦闘の際にはいまいち役に立たないシーフ系のキャラクターを一度メイジに転職させ、杖装備可能のスキルを身に着けさせてから、再度シーフ系に戻して魔法攻撃を可能にするというのはありだと思います。

実際、投擲武器や弓で後方から攻撃するより、杖で魔法攻撃したほうが戦闘では圧倒的に活躍します。自分の育てているキャラクターもそのようにしています。

鍛錬石は温存しておくべき

『ウィザードリィスキーマ』では、鍛錬石というアイテムを使って、武器や防具を強化するシステムがあるのですが、個人的にはこの鍛錬石は温存しておくべきと考えます。

1つ目の理由は、まだ中盤ということで今後さらに強力な武器・防具を獲得してから、それを強化したほうが冒険をより優位に進められると考えているからです。では、どんな武器・防具を強化するべきかということですが、それは強力なレンタルキャラクターが装備している武器・防具と同じものを入手した時に初めて強化を考えるということでいいのではないでしょうか。

2つ目の理由は、今は強力なレンタルキャラクターに依存して冒険している段階なので、自分のキャラクターの武器・防具を強化してもあまり影響がないことです。レンタルキャラクターの力だけでは先に進めなくなった段階になってから、強化を考えるべきです。

まとめ

以上、5点ほど『ウィザードリィスキーマ』中盤の攻略法をあげてみました。これらはあくまでもゲーム中盤での攻略法ですので、今後進んでいくにつれて変わってくるかもしれません。

さて、このブログでは『ウィザードリィスキーマ』の武器や防具のデータを公開しています。これらのデータは自分が冒険を進めていきながら集めたものなので不完全なものですが、もし皆さまのお役に立てれば幸いです。

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク