双極性障害の自分でもお金を得る4つの方法

タイトル画像

こんばんは。ひろあきです。今回は自分のような双極性障害の障害者でも少しでも多くのお金を得る方法をご紹介したいと思います。

今の収入

さて、ここでまず自分の現在の収入源と金額をさらしたいと思います。自分の大きな収入の柱はA型作業所で働くことによる給与収入と障害年金です。それ以外にもブログからの収入が雀の涙ほどですがあります。大体金額的には以下のとおりです。

  • 給与収入 約8万円(月額)
  • 障害年金 約5万円(月額)
  • ブログからの収入 約3千円~1.5万円(月額)

これを見て、意外と多いなと思われる方も多いかもしれませんが、これで大体年収150万円くらいです。ちなみに自分が某スーパーで正社員として働いていたときにはこの3倍以上はありましたからね。はっきり言って貧困層です。

障害者枠やA型作業所で働く

お金を稼ぐということで、真っ先に思いつくのは障害者枠やA型作業所で働くということです。普通に働くのに比べたら給与は少ないですが、無理して普通の職場で障害を隠して働いて長続きせずにやめてしまうということを繰り返すよりははるかにマシです。

障害者枠の方が給与面などは恵まれている場合が多いですが、その分仕事も大変ですし、職場の居心地もあまり良いとは言えません。それに障害者枠は身体障害者・知的障害者との枠の奪い合いがあり、精神障害者は苦戦を強いられます。

給与面だけで障害者枠を選ぶことは個人的にはあまりおすすめしません。それよりは個人的におすすめなのはA型作業所での就労です。

A型作業所は正式には就労継続支援A型事業所といい、基本的には給与は国からの給付金で賄われています。A型作業所は様々な事業を行なっているのですが、その中で自分が興味を持てる事業を行なっている作業所に入ってみるのがいいです。

毎日決められた時間に出勤して、同じ障害を持つ仲間たちと仕事をすることで規則正しい生活の確立、社会とのつながりを持つことができ、障害の症状の改善にもつながります。

まずは、A型作業所で働いて、そこでの仕事内容や給与面で不満が出てきたら、障害者枠にステップアップするというのが、無理のない働き方と言えます。

A型事業所で働く上で注意する点としては、給与は最低賃金の場合が多いことと、最低1日4時間は働ける所を選ぶということです。中には2時間しか働かせてくれない所もあるらしいので注意です。

障害年金をもらう

もうすでに障害年金をもらっている方はいいのですが、最近障害者になった方などはまだ障害年金をもらっていない方もいるかもしれません。給与収入がある程度ある方はともかく大半の方はお金に窮しているでしょうから、障害年金は是非受給しましょう。

ただ、この障害年金をもらうのが、かなりハードルが高いです。大きく分けると3つの壁があります。

年金保険料支払いの壁

当たり前と言えば当たり前ですが、障害者になる前に年金保険料を収めていないと障害年金は受給できません。最近将来年金がもらえないのではという不安から国民年金保険料を納めていない方も多いそうですが、これを読んでいる健常者の方は将来障害者になるかもしれないのだから、税金だと思って納めましょう。

主治医の診断書の壁

主治医が障害年金を受給することを了承しないと、障害年金受給のための診断書を書いてくれません(書いてくれたとしても、審査を通らないような診断書を書かれます)。これは普段から主治医と良好な関係を築き、生活の困窮具合をしっかり伝えておくことが大切です。

最近では障害年金の手続きを社労士に頼む人が多いですが、この場合でもまずは主治医にしっかりと話を通しておき、了解してもらうことが大切です。それをしないと、主治医との関係が悪化することにもなりかねません。自分もそのミスを犯してしまい、主治医とケンカ別れしてしまいました。

申請書類の壁

あなたが年金保険料を今まで納めていて、かつ主治医に診断書を書いてもらったとしても申請書類が立ちふさがります。初診日を証明する書類やら、今までの病状を書く書類やら個人でやるにはかなりハードルが高いです。

ただ、この辺は先程ちらっと書いた社労士に頼んでしまうのも一つの手です。もたもたしていると申請に使う診断書にも有効期限があって、その期限が切れてしまいます。早めに自分で申請するか、社労士に頼むかの決断をするべきです。

ブログで稼ぐ

以上2つが自分のような精神障害者の方がお金を得る一般的な方法ですが、自分に合った働き口がない方や障害年金を受給できなかったりする方もいると思います。また、働いていてかつ障害年金をもらっている方でも、収入は全く少ないですよね。

そこでそれ以外にも個人的に実践して、お金を稼げたという方法を2つご紹介したいと思います。まず1つ目が「ブログで稼ぐ」ということです。ブログを書き、そこに広告を貼ることで収入を得るという方法です。

文章を書くことが好きで、ある程度ブログのことについて勉強する気がある方なら月数千円くらいならすぐに稼げるようになりますし、場合によっては月数万円くらいまでは稼げる可能性があります。

これだけで生活していくことはかなりの無理ゲーですが、ちょっとしたおこづかい稼ぎには十分なります。

それにブログの良いところは、一度書くとずっと残って資産になるということです。例えば、自分のような双極性障害の場合、うつのときには何もできないということが起こりがちです。普通の仕事ならば何もできない時は仕事も休んでしまってお金を稼げませんが、ブログに貼った広告はアクセスがあればそれに比例して休んでいる時でもお金を稼いでくれます。

月間千円ほど費用が必要ですが、今までブログにチャレンジしたことがない方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

メルカリで稼ぐ

もう1つが「メルカリで稼ぐ」ということです。メルカリについては、以前記事を書きましたので、こちらもご覧ください。

メルカリの出品で良い評価を得、稼ぐための9つの心得
こんばんは。ひろあきです。前のブログでメルカリを始めましたという記事を書いたのですが、その後どうなったかを書いていなかったので、ここ...

これは先ほどのブログよりも更にハードルが低いです。まずは家の不用品を出品してみましょう。この時のポイントとしては、出品するものはなるべく同じ品種にするということです。例えばあれもこれも出品するのではなく、本だけ、洋服だけという風にします。なぜなら同じ品種のものなら発送する時も同じ方法・同じ包装資材で送ることができ、楽だからです。とにかく自分になるべく負担のかからない方法で始めることが大切です。

で、どれだけ稼げるかという話ですが、自分の例をあげますと、音楽フェスで売られていた缶バッジの販売で半月の間に約2万5千円の売上をあげることができました。必ずしもそこまで売れるという保証はしませんが、それまでヤフオクもやったことのないズブの素人がここまで稼げたので、やってみる価値はあると思います。

これも自分なりの必勝法を確立できれば、コンスタントに収入を得ることができるでしょう。最近は放置していますが、自分もまたメルカリに頑張って取り組んで月5千円くらいは稼げるようにしたいです。

まとめ

以上、4つのお金を得る方法をご紹介しました。これ以外にもクラウドワークスとかランサーズで稼いだり、minneで手作りアクセサリーを売ったりとかもありますが、自分で試したことはないので今回は書きませんでした。とかく自分たち障害者は、低収入に苦しめられていますが、この記事がそんな現状を改善するきっかけになれば幸いです。それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク