電気グルーヴの『TROPICAL LOVE TOUR』に行ってきたよ

タイトル画像

こんばんは。ひろあきです。昨日、Zepp札幌で行われた電気グルーヴの『TROPICAL LOVE TOUR』に行ってきました。いやー、すごい良かったです。そんな訳で今回は電気グルーヴのライブ参戦の記録をお送りしたいと思います。

物販でお布施をする

ライブ自体は18時半開演だったのですが、物販は14時半からということで15時過ぎにZepp札幌に向かいました。正直、出遅れたと思ったのですが、お客さんは10人ほどしかいなく、ほとんど待つことなくグッズを購入することができました。ちなみに購入したのは以下のとおりです。

  • アニメ柄Tシャツ(3,000円)
  •  VOXXX君巾着袋(1,000円)
  •  フェイスタオル(1,500円)
  • マグネット(1個300円、6個購入で1,800円)

アニメ柄Tシャツはあの『ゲームセンター嵐(若い人知ってる?)』風のキャラの卓球と瀧が書かれていて、ライブでは卓球が着ていました。VOXXX君巾着袋は個人的には最高傑作と思うアルバム『VOXXX』のキャラクターVOXXX君が一面にあしらわれたものです。生地はナイロン製です。フェイスタオルは『TROPICAL LOVE』のロゴと電気グルーヴのロゴが入った方を買いました。

そしてマグネットは電気グルーヴが今までリリースしたアルバムのジャケットがデザインされたもので全16種類あるのですが、くじをひいて買わなくてならないシステムになっており、全種類コンプにはかなりお金を使わなくてはなりません。しかもマグネットだから大した使い道がないという代物です。

一瞬全種類コンプを目指そうかとも思いましたが、金の無駄だと思いやめて、6個だけ買いました。当たったのは『UFO』、『フラッシュパパメンソール』、『DRAGON』、『A』(2個)、『人間と動物』でした。

開演までの時間が長い

物販でお布施(笑)をした後、一度ポールタウンのカフェへ行き、17時過ぎまで時間をつぶすことにします。途中パルコのトイレで購入したTシャツを着用します。あと、物販で購入した際、買ったものを入れる袋をくれなかったので、購入したばかりのVOXXX君巾着袋に買ったものを入れて持ち運びました。

で、1時間ちょっと時間をつぶした後、再びZepp札幌に戻ると数百人単位の行列が。チケットの整理番号の順に並び方が決まるシステムらしく、それに従って並びます。

17時半になるとようやく開場となり、入場口に向かいます。入場口ではドリンク代として、チケットとは別に500円支払わなくてはならないシステムとなっており(多分どこのZeppでも同じだと思います)、500円を支払うとドリンクと交換できるメダルをくれます。

あと、自分は小さいバッグを持っていたのですが、それの中身確認もされました。まあ、カメラとかレコーダーとかが入っていないかどうかってことなんでしょうね。あとはビンとかの危険物か。

まずは先ほどもらったコインをドリンクに替えます。もちろんお酒もあるのですが、自分はお酒が弱いのでスポーツドリンクと替えてもらいました。それが終わるとロッカールームに直行し、着ていたコートやら上着やらを脱いで、先ほど購入したTシャツ1枚になります。これで準備完了。

ライブ会場に入ると、前の方はすでに埋まっていて、やや後ろの方に陣取ることにします。この時点で17時45分。開演まであと45分もあります。不幸にも一人で来ていたので、孤独にTwitterで時間をつぶします。

あと、その時に開演前の会場の雰囲気を撮ってツイートしようと思ったら、係員の人に「撮影禁止です!」って怒られました。ごめんなさい!

Twitterをしながら、客層を観察すると、やはり30~40代の人が多く、大体夫婦・恋人・友人同士で来ている人が大半でした。自分のように1人で来ている人は少数派でしたね。

開演したら夢の世界へ

さて、散々待たされましたが予定通り18時半からライブが始まり、そこからは音と光の夢のような世界が繰り広げられました。こればっかりは文章で伝えることはできないですね。ほんと、一部の公演を除いてチケットはまだ残っているらしいので、行くかどうか迷っている方は是非行って、この素晴らしいライブを体験して下さい。

さて、今回のライブのことはブログに書こうと思っていたので、やった曲順(セットリストって言うんでしたっけ)を覚えていようと思っていたのですが、あまりの気持ちよさに途中からはどうでも良くなってしまいました。そんな訳で不完全版のセットリストを載せますね。

  1. 人間大統領
  2. 東京チンギスハーン
  3.  顔変わっちゃってる。
  4. プエルトリコのひとりっ子
  5. ※すみません。分からない曲です。
  6. ※すみません。これも分からない曲です。
  7. The Big Shirts
  8. Missing Beats
  9. Shameful
  10. 新幹線
  11. 愛のクライネメロディー
  12. ☆☆MC☆☆
  13. モノノケダンス
  14. 柿の木坂
  15. Fallin’ Down

Fallin’ Downから先は頭が溶けてしまって、N.O.とトロピカル・ラヴ、アンコールにヴィーナスの丘をやったことしか覚えていないです。

そしてMCも安定の面白さで、思い切り笑わせてもらいました。かなり下ネタが多かったので、差しさわりのない範囲でこんなことを言ったりしてました。

  • 「札幌のライブは他公演のリハーサルだ」
  • 卓球の室井佑月のモノマネ
  • 「物販買う女は欲求不満」

もう全国ツアーはないのか

そんな夢のようなとても楽しい時間だったのですが、ちょっと寂しい話も出ました。それは今回のツアーを最後にもう全国ツアーはやらないということです。理由は札幌だけでなく、全国的に集客が悪いのでということでした。

確かにほとんどの会場でチケットがまだ残っているというような話を聞くとそれもしょうがないかなぁとも思いました。それに今回のライブの会場に来ていた人が着ていたTシャツの大半が今回のライブで販売されていたものではなく、昔のライブのTシャツばかりだったのを見てもお布施も集まらないのだなと何とも言えない気持ちになりました。

この記事を書いている2017年3月13日時点では、札幌以外のライブはまだ残っているので、これを読んだ電気グルーヴファンの方で今回のライブに行くかどうか迷っている方は是非チケットを入手して行って欲しいです。

あと、札幌で電気のチケットが売れないのは、ライジングサンに2年に1回は来るとたかをくくっているのもあるでしょうね。

終わりに

以上、4年ぶりの電気グルーヴの全国ツアーに行ったレポートをお送りしました。ほんとに今回のライブは素晴らしかったので、行く機会のある人は是非行った方がいいですよ。特に東京・大阪・名古屋以外の人は今回が最後の全国ツアーになる可能性が高いので、絶対行って!

それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク