『1時間でわかるビットコイン入門』を読んで、ビットコインへの投資を決意したよ

タイトル画像

こんばんは、お久しぶりです。ひろあきです。約1ヶ月半ぶりですね。今回は久しぶりの記事として、小田玄紀著『1時間でわかるビットコイン入門』を読んでの感想と決意を書いていきますね。

最近ビットコインが熱い?

最近一部ブロガー界隈では、ビットコインが熱いようです。まあ、そんな流れもあって、大分前に買ったまま読んでいなかった、この小田玄紀著『1時間でわかるビットコイン入門』を読みました。

まあ、ビットコインが暗号技術を用いた仮想通貨だということくらいは知っていたのですが、それ以外は全く知識がなかったのでほんとに1から勉強した感じです。まあ、勉強といってもタイトルに偽りなく、1時間半ほどでビットコインのことを一通り学べますよ。

ビットコインを支えるブロックチェーンとは

で、この本の説明の中で一番よく理解することができたのは、ビットコインを支えるブロックチェーンという技術についての説明です。以下にブロックチェーンを簡潔にそして的確に説明した一文を引用します。

 つまり、銀行が情報を中央サーバーに集め、莫大なセキュリティ費用をかけて守っているのに対し、ブロックチェーンでは何百万というユーザーを存在させることで、ほとんどコストをかけず、現実的に不正ができなくなるようにしているのです。

要は情報を数百万ユーザーに分散して保存することで、データの改ざんを事実上不可能にしてしまうわけですね。これはまさにこれだけインターネットが普及したからこその技術ですね。

ビットコインで世の中が変わる?

ビットコインは投資、決済、送金にも使える他、少額の寄付や投資に使えるというのが魅力的です。どういうことかというと、今までは少額の寄付をする場合は手数料などの負担のため、寄付したお金を丸々使ってもらうことができなかったのですが、送金手数料がほとんどかからないビットコインであれば、お金を無駄なく活用できます。

例えば、今流行りのクラウドファンディングでもより小さい単位での支援が可能になり、100円を1万人から集めて100万円にするということもできます。

自分はビットコインへの投資を決めました!

その他にもビットコインの投資で儲けるための手法についてや、ビットコインの取引所の安全性について、ビットコイン以外の仮想通貨についてなどなどビットコインについて、短時間でわかりやすく学べる一冊となっています。

実際に手を出す、手を出さないは本を読んでから判断しても遅くはないと思うので、とりあえずみんなでビットコインのお勉強をしませんか?

自分はビットコインの将来性に魅力を感じたので、投資することに決めました。まあ、投資といってもお金ないので、月5,000円くらいの積立投資ですけどね…。

今後このブログで随時ご報告していきたいと思いますので、お楽しみに。それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク