JOIN ALIVE2017参戦!感想をレポートするよ

タイトル画像

おはようございます。ひろあきです。2週間前に北海道の岩見沢で行われたJOIN ALIVE2017へ行ってきました。実はJOIN ALIVEに行くのは初めてだったのですが、とても楽しめたのでその様子をレポートしたいと思います。ちなみに参戦したのは16日だけです。

JOIN ALIVEとは

JOIN ALIVEとは、毎年7月に北海道岩見沢市のいわみざわ公園(野外音楽堂キタオン+北海道グリーンランド)で開催される野外音楽フェスのことです。2010年から行われていて、同じく北海道で8月に開催させるライジングサンロックフェスティバルについで北海道では規模の大きな野外音楽フェスとなっています。

8回目となる、JOIN ALIVE2017にはサカナクション、ゲスの極み乙女、きゃりーぱみゅぱみゅ、湘南乃風、電気グルーヴなど総勢69組のアーティストが5つのステージに分かれて出演しました。

いざJOIN ALIVE2017へ

さて、自分はJRを使って岩見沢駅まで行き、そこからバスに乗るという方法で行きました。新札幌という所からJRに乗ったのですが、岩見沢まで片道740円で行けました。普通列車で行ったので、時間は大体1時間位だったでしょうか。

岩見沢駅からはバスだったのですが、時間が遅かったせいか(13時頃岩見沢駅に着きました)、シャトルバスではなく普通の路線バスでした。運賃は210円。ただ乗客のほとんどはJOIN ALIVEへ行くお客さんでしたが。30分ほどで会場最寄りの停留所に着きました。

そこから7~8分歩いてようやく会場の入口まで来ることができました。道には案内の看板等はなかったですが、他の人についていき、道に迷うこともなく会場入口に到着します。

そこで入場券をリストバンドと交換してもらいます。このリストバンドが入場券の代わりとなり、一回会場を出ても再入場したりできる仕組みとなっています。なので、このリストバンドを無くしてしまうと再度入場券を買わなくてはならなくなりますのでご注意を。

入場ゲートの外でアーティストのグッズの物販をしていましたので、グッズだけ欲しいという方(そんな人いるかどうかはともかく)は入場券がなくてもグッズは買うことができます。ここはライジングサンロックフェスティバルとの違いですね。

入場してから会場内のステージをあちこち巡ってきましたが、5つのステージがライジングサンロックフェスティバルに比べるとコンパクトにまとまってる印象を受けました。それぞれのステージの間が比較的近いので、移動は楽でした。

ちなみに自分は昼の13時半頃に会場に着いたのに、フレデリック、真心ブラザーズ、フラワーカンパニーズ、電気グルーブの4アーティストを観ることができました。

21時過ぎに会場を後にしたのですが、帰りの岩見沢駅行きのバスはシャトルバスでした。帰りの運賃も210円で、行きのバスに乗る時に帰りの分のバス券も買っておくと良いです。帰りは20分ほどで岩見沢駅まで着きました。

JOIN ALIVEの良い所

ここでJOIN ALIVEの良い点を3つほどあげたいと思います。ちなみに自分は音楽フェスはライジングサンロックフェスティバルと今は無くなってしまいましたWIREくらいしか行ったことがないので、それらと比較しての意見になります。

会場内の移動が楽

まずは先ほども書きましたが、会場内のステージが比較的まとまって存在しているので移動が楽です。なので、各ステージ間をはしごして多くのアーティストを観ることが比較的容易です。

また、もともと公園だったり、遊園地だったりが会場なので道も整備されています。なので、屋外ですがぬかるみとかは皆無でしたよ。ライジングとかだと靴が絶対汚れるので履き古した靴で行くのですが、JOIN ALIVEだとそこまで神経質にならなくてもいいかも。

会場内に遊園地がある

会場の一部が北海道グリーンランドという遊園地なので、別料金を支払えば遊園地で遊ぶこともできます。小さいお子さんがいる方などは、ライブの合間に子どもと一緒に遊園地で遊んでごきげんをとることもできますね。もちろん小さなお子さんだけで遊ばせるのはだめですよ。

北海道グリーンランド側もフェスの客を狙って、お得なチケットを販売したりしているので、結構遊園地で遊んでる人多かったですよ。

トイレが仮設ではない

例えばライジングサンロックフェスティバルだと、もともと何もないところでやるので、トイレも当然仮設です。まあ、それほど臭いが気になるわけでもないですが、やはり落ち着かないものです。

その点JOIN ALIVEはトイレは全てもともと備え付けのものなので、安心して用を足す事ができます。

まあただ、それほどきれいなトイレという訳ではないですがね…。

JOIN ALIVEのイマイチな所

光があれば影もある。良い所もあれば、イマイチな所もある…。ということでJOIN ALIVEのイマイチな所も強いて述べていきます。まあ、でもそんなにないですけど。

札幌から遠い

まあ、これはしょうがないのですが、いかんせん岩見沢は札幌から遠いです。JRで行くと、札幌から普通列車で約1時間。駅から会場までバスで30分。往復だと3時間です。これはつらい。

まあ、これはしょうがないですね。

女子トイレに行列

先ほどトイレの話をしましたが、男子トイレは全く待つことなく使えたのに対して、女子トイレはちょっとした行列ができていました。まあ自分が見たのは最大12,3人ほどの行列ですが。女子の方はトイレは余裕を持ってした方がいいかもです。

男子トイレの一部を女子トイレとして使うとか、主催者側は何か対策をした方がいいかもしれませんね。

まとめ

以上、JOIN ALIVE2017のレポートをお送りしましたが、今までライジングサンロックフェスティバルしか行っていなかったのが、もったいなく感じられるようなとても素晴らしい音楽フェスでした。

北海道民としてこれからもJOIN ALIVEに参戦することで、応援していきたいと思ったひろあきなのでした。それではまた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク